東京都豊島区池袋子供バイオリン教室体験レッスンレポート

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 23:55

 

 

傘体験レッスンレポートマイクkamule

 

東京子供ヴァイオリンレッスン

 

矢印コース:キッズバイオリン

矢印受講生徒さん:4歳女の子

 

 

講師よりマイクkamule

 

Q.生徒さんのレッスンに対する目的、目標は?
演奏会で聴いたヴァイオリンに興味が出て、Youtubeなどで視聴されていたそうです。アナと雪の女王がお気に入りとのこと。

お子様自身がバイオリンを習ってみたいとおっしゃったようでした。


Q.体験レッスンの内容は?
まずは楽器の準備と構え、それから、開放弦を決めた回数で弾いて貰ったり、一緒にリズムを作ってみたりしました。

Q.生徒さんの課題と思われること、それに対する今後のレッスンは?
はじめてのレッスンで少し緊張している様子でしたので、徐々に和らげながら、丁寧に教えていければと思いました。

Q.生徒さんへメッセージをお願いします。
レッスン中、ほぼ座ることなくよく頑張りましたね。最後にはタンタタのリズムの完成が聴けて良かったです。有難うございました♪
 

 

生徒さんからの声(体験レッスンのご感想)マイクkamule


アンケート1:レッスン受講のきっかけは?:

矢印生演奏を見る機会や、YouTubeなどの動画をみて子供がバイオリンやってみたいと言った為。

 

アンケート2:なぜこの教室を選ばれましたか?:

矢印家からの距離も通える範囲だったのと、何個か調べた中で1番良さそうだったので体験行ってみようと思いました。


アンケート3:担当講師の印象は?:

矢印とても、優しい先生でした。
人見知りがあるうちの子も、先生とまたバイオリンやりたいと言っていました。

 

アンケート4:体験レッスンはいかがでしたか?:

矢印30分の体験レッスンの中で、
子供がやってみたいと思うくらい雰囲気の良いレッスンでした。

 

アンケート5:専攻楽器(歌)に対する今後の目標は?:

矢印子供本人が少しづつでもできるようになり、楽しいと思ってくれて、続けていけることです。
 

 

 

体験レッスンのご受講と、嬉しいご感想をありがとうございました傘

これからレッスンで、よろしくお願いいたしますニコッぴのこ:)

 

 

傘東京都豊島区池袋の子供バイオリン教室
豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

JUGEMテーマ:ヴァイオリン

東京都豊島区音楽教室 全4回指揮法合同レッスン終了のご報告

  • 2017.10.28 Saturday
  • 23:51

JUGEMテーマ:指揮者

 

7月より始まった指揮法合同レッスン、今月を以って、全4回の講座が終了いたしました。

本講座は、指揮コースの生徒さんを対象とした指揮合同レッスンです。

他受講者、聴講者の前でピアノ連弾を指揮し、レッスンを受けるという形式で、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」1〜4楽章が各回の課題となっていました。

 

毎回、宮川先生の、優しく、かつユーモラスで的確なご指導で、生徒さんと曲を作り上げていくのがとても楽しい時間でした。

レッスン中先生は生徒さんの考えてこられた音楽にとにかく寄り添って、「ここはどんな風に感じていらっしゃるの?」「どういうストーリーなの?」「それはこういう感じ?」とたくさん質問され、生徒さんもそれに回答していくことでイメージをどんどん具体的にしていきます。指揮の難しい箇所では、日常の"知っている動き"に例えて、わかりやすく教えてくださるのですが、その"日常の動きの例え"が次から次へと発想されるので、よくそんなにうまい例えをどんどんポンポン繰り出せるなあ〜と、時に本当に笑ってしまいながら、とても面白く聞かせていただきました。

指揮者って、、、音楽を基盤とした派生する幅広い知識はもちろん、それに加えて、妄想の才能と、役者の才能と、カリスマ性、それから人間性(優しさ)が全て必要なんだなあ、、と、つくづく感じた次第です。

 

また、今回初めて生徒さん方の指揮を体験しましたが、そのレベルが高いことにも驚きました。

指揮の生徒さんは、

・アマチュアオケなどで管弦楽器を演奏されていて、さらに音楽を深く勉強するために指揮を習われたい方

・指揮以外の専攻で音大/芸大を卒業して音楽の先生に→部活の顧問などで大学時代そんなに習っていない指揮をする必要が出た方

・音大/芸大卒でもなんでもなく、理科や社会や国語の先生なのに、部活の顧問などで突然指揮をする必要が出た方

・とにかくクラシック音楽を深く愛している方

・現在大学のサークルやアマチュアオケの指揮を任せられている方

・音大受験を考えている

など、レッスンに来られる理由も必要に迫られている方が多いため、、ということもあるのかもしれません。

 

ともあれ、受講のみなさん、宮川先生、充実した時間を共有させていただき、本当にありがとうございました。

お疲れ様でしたニコッ

 

 

前置きが長くなりましたすみません、それでは以下が本編、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

 

東京指揮レッスン

指揮レッスン

指揮教室

指揮先生

 

 

【指揮合同レッスンを終えて】 〜宮川健太郎〜

 

7月から月一回のペースですすめていた「指揮合同レッスン」が無事終了いたしました。

積極的に参加してくれた生徒さん方、献身的にご協力いただいたピアノの先生方に、この場をお借りしてあらためて深謝申し上げる次第でございます。

 

主催した当事者としては、実際にレッスンが始まるまでは、無事、今回も開催できるのだろうか、という「ハラハラ感」があったことは否めません。

参加してくださった生徒さん方やピアノの先生方、その中の誰か一人でも欠けては、このレッスン形式はその魅力が大きく損なわれてしまうからです。

実際のところは、直前の時間の微調整や生徒さんの微減などはありましたが、とりあえず当初の目的を達成できましたことに今はただホッとしております。

 

これが、私個人の「ただ開催できた」ことに対する自己満足のみに終わるのでしたら、その安堵感は非常に薄っぺらなものだったでしょう。

「ホッとした」のは、

・生徒さん方がよく勉強してくれて、事前、当日とも鋭い質問をいっぱいしてくださったこと

・聴講していた生徒さんから「実際に指揮してみたい」と申し出ていただいたこと
・そして何よりも「次も参加します」という「リピーター」が途切れなかったこと

という「中身」があったからに他なりません。

そして

「とても緊張した」

「(通常レッスンとは違い)これだけ長い時間の曲を指揮したことがなかったのでよかった」

といった感想が寄せられたことも何よりでした。

 

しばらく期間を置いて「第二期」を開催できたら、と考えていますが、一方で、これからの課題もあります。

まず、「曜日や時間が合わない」という理由で、今回の参加を見送られた生徒さんが少なからずいらっしゃいました。

また、「生徒さんの多くが耳にしたことのある」ないしは「タメになる」という曲の選択も、非常に悩ましいものがあります。

平日と休日の同時並行開催にするべきか、ないしは曲ごとのコースにしてみるべきか、などと選択肢を広げてみたいのですが、ピアノの先生方のご負担も考慮しなければいけません。

 

なにはともあれ、しばらく時間を置きますので、その間に生徒さん方にアンケートを取るなどして、それも踏まえてじっくり考えてみたいと思っております。

「第二期」は来春初めあたりの開始を予定しています。それまでに、今、「基礎」をやっている生徒さん方が上達して、この「仲間」に加わってくれることを願っています。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

ミュージカルアンサンブル-レミゼラブルオープンクラス全2回参加者募集のお知らせ- 東京都ミュージカル教室

  • 2017.10.20 Friday
  • 23:21

 

毎回、レッスン内容、形態を変えつつ継続している人気のミュージカルアンサンブルコース​

次回は、

キラほしキラほしレ・ミゼラブルオープンクラス 全2回キラほしキラほし

が決定しましたキラほしキラほしキラほしマイク傘kamule


フランス概要
レミゼ全曲の中のソロを除く場面のアンサンブル(デュエット、トリオ、大人数アンサンブル)、合唱曲からご希望の曲でレッスンを受講できます。初心者の方は、合唱のみのご参加も可能です。
2時間半のレッスン時間の中で、ご自分のアンサンブル曲の受講中と合唱の時以外は、他の方の演奏、レッスンを聴く公開レッスンという形になります。

フランスミュージカルアンサンブルコースについて
本コースは、"ミュージカルが好きな方なら、誰でも参加でき、楽しめる!"ということをモットーとしていますので、今回もたくさんの方のご参加をお待ちいたしております。
レッスンは、全体での発声練習からはじまり、アンサンブル、合唱稽古、グループレッスンでも丁寧で本格的な指導を行います。
参加者の希望を踏まえつつ、一人一人のレベルや目的に合わせて、全員が楽しめるよう配慮しています。

 

矢印前回までのレッスンの様子です

 

 



フランスレッスン日程

 

今回は全2回、


第1回:11月26日(日)14時〜16時30分

11時30分〜14時00分(時間が変更になりました)


第2回:12月17日(日)14時00分〜16時30分

 

のみです​。​(どちらか1回のみの参加も可)

 

フランス場所

スタジオフォルテ池袋店

〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目26−9 第2MYTビル9階

 

 

フランス受講料 1.教室個人レッスン受講中:税込2,430円/回
 2.アンサンブルのみ受講:税込3,240円/回
 ※個人レッスン休会中、単発レッスンは2.の扱いとする

 

 

フランスお申し込み方法

 

こちらの参加申請フォームよりお申し込みください


(定員先着25名程度)




傘<​今回も、みなさんのご参加をお待ちしております!!kamule




尾畑 里美(おばた さとみ)

国立音楽大学声楽科卒業。二期会オペラスタジオ修了。 大学在学中によこすか芸術劇場オペラ『魔笛』童子役に抜擢されオペラデビュー。 東京交響楽団(指揮 飯森範親)と共演する。その後二期会オペラスタジオ、東京オペラ勉強会でオペラの研鑽をつむ。『フィガロの結婚』スザンナ役。『コシファントゥッテ』デスピーナ役。『ドンジョバンニ』ドンナアンナ役などモーツアルトのオペラにおいてスーブレット役からプリマドンナ役まで幅広く演じ好評を博している。 また様々なコンサート、舞台、に多数出演。2010年からはオペラと演劇と様々な音楽の融合舞台『IMAGE〜夢見ることは生きること〜』2011年には歌物語『嵐が丘』原案、構成、主演。歌手としての活動と並行してオペラと他の芸術の融合による新しい舞台表現「歌ものがたり」の世界も模索している。クラッシックユニットAusMusikではソプラノ歌手としてオペラからアニメ、昭和歌謡まで独自のアレンジで各地で演奏、好評を得ている。また、音大受験、ミュージカルオーディションなど後進の育成にも力を入れている。現在二期会準会員。

 

フランス講師より

 「レミゼラブル」「アナと雪の女王」などのヒットにより歌とエンターテインメントの融合は私たちに身近なものとなりました。多種多様なミュージカルを観劇するのもそれは楽しいですが、やってみるともっと楽しい!それがミュージカルです。 
 歌を習うのがはじめての方にも舞台気分を味わっていただけるよう配慮した内容になっておりますので、ぜひ安心してご参加ください。

全体発表会が終了しました 池袋音楽教室

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 21:00

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

 

10月8日(日)2017年度の教室全体発表会を開催いたしました傘蜂ニコッkamuleキラほし音符
当日は子供の部、大人の部に分けて行いましたが、子供も大人もみなさん素敵な演奏をたくさん聴かせてくださいましたキラほしキラほしキラほし

カメラマンさんが先にくださった集合写真を数枚掲載します。

詳細は、追って少しずつアップしていきます!ニコッ

 

大人の部(の参加者のうち半数くらいの方)矢印

池袋ミュージカル教室

 

子供の部矢印

池袋音楽教室

 

 

池袋バイオリンレッスン

 

 

池袋バイオリンレッスン

 

 

 

ピアノ子供レッスン

 

 

東京ピアノレッスン

2017全体発表会出演者へお知らせ 当日概要を更新しました

  • 2017.09.30 Saturday
  • 23:39

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

 


2017全体発表会について、会員専用ページの当日概要を更新しました。

 

矢印矢印矢印矢印矢印矢印

会員ページ

 

よりご確認ください。

 

!更新内容!
フライヤー掲載

タイムテーブル修正

プログラム原案修正(一般の部演奏順序等若干変更)

楽屋写真掲載、練習スタジオ入り口写真掲載

 

 

東京豊島区音楽教室

東京都豊島区池袋音楽教室ジャズピアノ/ボーカルセッション会のご報告

  • 2017.09.29 Friday
  • 23:17

JUGEMテーマ:ジャズ

 

 

教室では日々いろんな会が開催されています・・・。

少しずつご報告していきますkamule

 

 

先月8月末、ジャズピアノ加藤則子先生による、「第1回ジャズコースセッショングループレッスン」が開講されました。

"巷のジャズバーより気軽なセッション、、というかセッション形式での「レッスン」"をテーマに、セッション未経験者、初心者でも楽しんで参加できる会にしましょう!と加藤先生が企画してくださいました。

 

加藤 則子(かとう のりこ)

 

 

 

当日の様子矢印

池袋ジャズレッスン


気軽に、とはいえ、セッションホストはプロのジャズミュージシャンであるPf加藤先生と、Bassに浅野昭一さん、Drumsに川村成史さん。お二人とも素晴らしい演奏はもちろん、すごく優しい・・・ぴのこ:)kamuleセッションって、お願いします!と乗り込む立場からすると、一緒にやってくださるホストの方が厳しいと結構心折れかけたりっていうこともありますが、こんな優しいなら緊張も緩和。。

 

東京ジャズセッション

やさしそう

 

ジャズピアノレッスンを受け始めたばかりの生徒さん、セッションに参加したこともあるけれど少しでも場数を増やしたい生徒さん、ポップスでバンドなどで歌ったりはされているけれどジャズのセッションは初めて、というボーカルの生徒さんも参加してくれました。

東京ジャズボーカルレッスン

ボーカルの生徒さん

初めてのボーカルスキャットも「まだレッスンでやってないんですが汗」と戸惑いながらも上手に歌われていましたキラほし

 

東京ジャズボーカルレッスン

時には加藤先生がソロやバッキングを見本で弾いてくださったり。

それがまたゴージャスでめっちゃかっこいい・・ネコ

 

 

 

先生方からは、「どんどん参加して、そのうちに余裕ができてきたらだんだん他の人の音を聴いて、それに対応してアドリブを取ってみたり、、アンサンブルを楽しんでいけると思います」

「セッションホストは伴奏者じゃなく共演者!お互いが気持ちよく演奏できるように、きちんとした楽譜の準備、演奏中のコミュニケーション、前後の挨拶など基本的なことも気をつけて、一緒に音楽を作っていきましょう」というお言葉をいただきました。

 

 

東京ジャズ教室

はじめは緊張感もありましたが、先生方も生徒さんたちもフレンドリーで、すぐに和んで楽しい会になりました。

クラシックの練習会とはまた違う、ジャズの良い楽しさですね音楽(あ..クラシックの練習会も和やかに楽しく進みます笑kamule

 

 

次回は冬の間に開催予定!雪だるま

セッション練習会は教室生徒さん対象ですので、ご興味のある方は、ぜひジャズピアノジャズボーカルジャズフルート、体験レッスンにいらしてくださいピアノ マイク フルート傘キラほし音符

 

 

 

 

 

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 

2017年度全体発表会当日タイムテーブル/プログラム原案のお知らせ

  • 2017.09.22 Friday
  • 22:31

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

 

 

 

 

発表会ご出演予定の皆さま、お待たせ致しました!!

当日のタイムテーブル、プログラム原案を教室サイト会員ページへ掲載しました
http://rain-music.com/member/info/info20170920.html

2017年10月8日(日)
 第1部(子供の部)
 開場10:45 開演11:00
 第2部(一般の部)
 開場16:15 開場16:30
大泉学園ゆめりあホール

内容は微調整の可能性がありますので、(大きな変更はありません)前日、最新のものをご確認ください。

発表会まで後2週間・・・
今年も当日が楽しみです

 

 

 

豊島区 練馬区 音楽教室

東京都豊島区音楽教室 第2回指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.09.02 Saturday
  • 21:54

JUGEMテーマ:指揮者

 

4ヶ月連続指揮法合同レッスン、前回7月の第1回に続いて、8月に第2回が開講されました。

本レッスンは、指揮コースの生徒さんを対象とした合同レッスンで、ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、レッスンを受けるという形式です。7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

矢印前回の合同レッスンの様子はコチラから

今回は前回もご参加いただいた3名と、初参加の1名、計4名の方が参加されました。

2楽章は1楽章よりもさらに表現の個性が様々で、また難しそうでもありましたが、それぞれが創ってこられた音楽を指揮してもらい、そこへ宮川先生の楽しく丁寧な、またユーモア全開の(笑)レッスンが行われ、この日も有意義な時間となりましたkamule

 

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

指揮レッスン

指揮 教室

東京指揮レッスン

 


【第2回指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜

 

先月7月に引き続き、8月20日に第二回を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。

第二回の課題曲は、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第二楽章。

先月は第一楽章でしたから、順を追って、ということです。

前回、聴講された生徒さんから
「(人の指揮を)見るのはとても勉強になるけれども、でも、何時間も座って見ているのは……」
……すなわち、実際に指揮してみたくなった、受講してみたくなった、という意思表示があり、今回は結果、前回より受講生が増えたかたちでの開催となりました。

 

今回が、前回と大きく異なったところは、生徒さんが鋭い質問をいくつも投げかけてきたことです。

それは生徒さんの事前の勉強の結果、ということがいえますが、本質はすごくシンプル・素朴な質問の類ばかりだったので、私は「虚を突かれた」といった感じを受けました。

 

例えば
「なぜこの曲はアウフタクトで始まるのか、一拍目からではないのか」
「楔形の記号はアクセントではないのか」
「楽譜には遅くして、という指示はないけれども、ここは自分で遅くしてみたい。なぜそう思うだろうか?」

 

などといったことでした。

実は、私自身、十分に生徒さんを説得させられるだけの明確な根拠を持っているわけではないものもありましたので、ピアノの先生方や、他の生徒さんのご意見も訊きながら、いっしょに考えていくというかたちをとりました。

 

上記のような質問の一部は、ともすると素通りしてしまいそうなことです。
何の疑念もなく通過してしまいそうなものともいえます。
でも、曇っていない目を持つ生徒さんは、そういったことも素朴な疑問として問いかけてきてくれたので、よく言われる「教えることは学ぶこと」をつくづく実感した時でもありました。

 

また

「ピアノの先生となるべくアイコンタクトを取ろうと思った」

「とにかく楽しくやろうと思った」
という風に、予めご自身で事前に決めていたことを実行に移してくれた生徒さんもいました。いずれも指揮をするうえでとても大切なことです。ありがたいことだと思っています。

 

今後の課題としては左手の使い方でしょうか。
指揮をする人それぞれの感性や本能に依るところが大きい左手の使い方を教えることはとても難しいのです。

 

次回は第三楽章。また新たな展開になることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 



 

東京都豊島区音楽教室 第2回指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.09.02 Saturday
  • 21:52

JUGEMテーマ:指揮者

 

4ヶ月連続指揮法合同レッスン、前回7月の第1回に続いて、8月に第2回が開講されました。

本レッスンは、指揮コースの生徒さんを対象とした合同レッスンで、ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、レッスンを受けるという形式です。7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

矢印前回の合同レッスンの様子はコチラから

今回は前回もご参加いただいた3名と、初参加の1名、計4名の方が参加されました。

2楽章は1楽章よりもさらに表現の個性が様々で、また難しそうでもありましたが、それぞれが創ってこられた音楽を指揮してもらい、そこへ宮川先生の楽しく丁寧な、またユーモア全開の(笑)レッスンが行われ、この日も有意義な時間となりましたkamule

 

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

指揮レッスン

指揮 教室

東京指揮レッスン

 


【第2回指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜

 

先月7月に引き続き、8月20日に第二回を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。

第二回の課題曲は、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第二楽章。

先月は第一楽章でしたから、順を追って、ということです。

前回、聴講された生徒さんから
「(人の指揮を)見るのはとても勉強になるけれども、でも、何時間も座って見ているのは……」
……すなわち、実際に指揮してみたくなった、受講してみたくなった、という意思表示があり、今回は結果、前回より受講生が増えたかたちでの開催となりました。

 

今回が、前回と大きく異なったところは、生徒さんが鋭い質問をいくつも投げかけてきたことです。

それは生徒さんの事前の勉強の結果、ということがいえますが、本質はすごくシンプル・素朴な質問の類ばかりだったので、私は「虚を突かれた」といった感じを受けました。

 

例えば
「なぜこの曲はアウフタクトで始まるのか、一拍目からではないのか」
「楔形の記号はアクセントではないのか」
「楽譜には遅くして、という指示はないけれども、ここは自分で遅くしてみたい。なぜそう思うだろうか?」

 

などといったことでした。

実は、私自身、十分に生徒さんを説得させられるだけの明確な根拠を持っているわけではないものもありましたので、ピアノの先生方や、他の生徒さんのご意見も訊きながら、いっしょに考えていくというかたちをとりました。

 

上記のような質問の一部は、ともすると素通りしてしまいそうなことです。
何の疑念もなく通過してしまいそうなものともいえます。
でも、曇っていない目を持つ生徒さんは、そういったことも素朴な疑問として問いかけてきてくれたので、よく言われる「教えることは学ぶこと」をつくづく実感した時でもありました。

 

また

「ピアノの先生となるべくアイコンタクトを取ろうと思った」

「とにかく楽しくやろうと思った」
という風に、予めご自身で事前に決めていたことを実行に移してくれた生徒さんもいました。いずれも指揮をするうえでとても大切なことです。ありがたいことだと思っています。

 

今後の課題としては左手の使い方でしょうか。
指揮をする人それぞれの感性や本能に依るところが大きい左手の使い方を教えることはとても難しいのです。

 

次回は第三楽章。また新たな展開になることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 



 

東京都豊島区指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 22:37

JUGEMテーマ:指揮者

 

 

先日、教室指揮法コース宮川健太郎先生による、指揮法合同レッスンが行われました。

ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、宮川先生がレッスンされ、他の生徒さんがそちらを聴講するという形式です。

 

教室の指揮法コースには、音大/芸大指揮科を目指す高校生から、学内外のサークルで指揮をする大学生、中高の吹奏楽部で指導をされている先生方、クラシック音楽及び指揮そのものに興味を持っていらっしゃる社会人の方、社会人アンサンブルを指揮されている方、、など、たくさんの方が様々な目的で受講されています。(学校で指揮をするという小学生の生徒さんが来ることも!)

年齢や性別、ご経験や目的など全く違うみなさんが一堂に会して、互いの指揮、先生からのご指導を観察された今回の合同レッスンは、受講者全員がとても勉強になる機会となりました。

今回ピアノ講師2名で担当させていただきましたが、私たちにとっても、生徒さん毎に全く異なる指揮で一つの課題曲を演奏し、それぞれに個性や魅力、課題を感じ、またそれに対する宮川先生のとても優しく、かつ、的確でユーモラスなご指導を聴くことができた楽しい時間でした。

指揮者は、音楽の理解や解釈はもちろんのことですが、自身の人間性や振る舞いがとても大切ですね。

指揮がわかると、音楽を、もっともっと身近に、深く楽しめる気がします。

 

本講座は7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

次回は8月後半、第2楽章、4名の生徒さんが指揮をされます。次回も楽しみですキラほし

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

 

 

矢印当日の様子矢印

東京指揮レッスン

 

東京都指揮法レッスン

 

指揮レッスン

 

 

 

 

【指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜


7月23日、初めて標記を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。


こちらには昨年の2月あたりからお世話になっておりますが、指揮etc.を教え始めて以来、ずっと考えてきたことがありました。
それは、
「音大の指揮科で通常行われているようなレッスン形態が取れないものだろうか」

ということでした。

すなわち、「ピアノの先生2名+複数の生徒さんの受講と聴講、そして私」という「1対3」のレッスン形式です。

当初、これを実現するのは、音大ではありませんから、いろいろな意味で大変難しいと感じていました。

何よりも、

「ある程度の人数、生徒さんが増えること」と
「生徒さんの平均的レベルが、オーケストラ曲を指揮できるまでに至っていること」
という二つの条件が揃うことが大前提でした。

そしてそれには、やはりある程度の「年月」がどうしても必要だったのです。

 

初回の曲目は、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」にしました。
これは、私が約15年前、初めてオーケストラを指揮した時の曲でもありました。

大変よく勉強してきてくれた生徒さん、「一対一」のレッスンとは違い、複数の先生や生徒さんに囲まれながら指揮をして戸惑われたであろう生徒さん、通常のレッスンでは見られなかった思わぬ動作が出てしまった生徒さん、とそれぞれにありましたが、皆さんよく頑張って頂いたと思います。

 

ピアノの先生や生徒さんからいちばん多くきかれた感想は、
「指揮って(あるいは音楽)って、人によってこんなに変わる、違うものなのか」

というものでした。

因みに、指揮の場合は、「指揮を観察する」という行為が、上達する上でとても大事なことのように思います。

中には「見るだけで勉強になる」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

ですから、こうしたレッスン形式はやはり必要なのだと思っています。

 

無論、先生方や生徒さんのご都合がありますから、毎週実施というわけにはいきませんが、たとえ間隔が空いても、継続できれば、と思っています。
そして、ゆくゆくはピアノ以外の器楽の参加もお願いして、課題の楽曲を一緒に演奏していただくことを将来的な目標にしています。

 

オーケストラ曲、吹奏楽、合唱……振り方に微妙な差異はあります。しかし、「人を指揮する」という点において差異はありません。
指揮を通じて、世界を広げていっていただければ、と思っています。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

レインミュージックスクールご紹介


駅からスグ♪アクセス便利なスタジオで本格的な音楽レッスンを行なっています。
東京都豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の音楽教室【レインミュージックスクール】です。
ピアノ、声楽、ミュージカルヴォーカル、ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネット、フルート、サックス、オーボエ、トランペット、ホルン、指揮法、楽典/ソルフェージュ等。
お子さまから大人の方まで、また初心者からプロ志向の方、音高、音大受験対策まで。
指導経験豊富な講師が丁寧にレッスン致します。
<<お問い合わせは>>
URL:http://rain-music.com/
MAIL:info@rain-music.com

!!レミゼラブルオープンクラス参加者募集中!!

ミュージカルアンサンブルコース-レミゼラブルオープンクラス全2回参加者募集中。 詳細はコチラのページをご参照ください。
皆さまのご参加をお待ちしております♪
東京ミュージカルレッスン

発表会のお花・音楽好きの方への贈り物に♪

Facebookページ/Twitter

FacebookやTwitterで、割引情報やコースご紹介をお知らせしています。

レインミュージックスクール


Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • ミュージカルボーカルコース 生徒さんご紹介♪ 〜豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の声楽教室〜
    あれ欲しい (02/11)
  • クリスマス音楽会終了☆ 〜豊島区雑司が谷/池袋/目白/文京区 子ども ピアノ/バイオリン音楽教室〜
    幸福のゴールドサイン (01/19)
  • 東京都池袋のピアノ教室 作曲・編曲/アレンジ・コード奏法・弾き語りなど 先生ご紹介♪
    おかねのなるき (03/24)
  • 今日という日が・・  〜池袋 音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート オーボエ 楽典 ソルフェージュ)〜
    幸福のゴールドサイン (01/27)
  • 主婦の皆さま♪学生の皆さま♪シフト制のお仕事の皆さま♪にお得料金☆【デイタイムコース】 〜池袋音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート他)〜
    知恵ノート (03/10)
  • 【池袋音楽教室 割引情報♪】吹奏楽部(サークル)で管楽器(クラリネット/フルート/オーボエ)を担当されている中学・高校・専門学生・大学生の皆さん♪音高・音大受験生などすべての学生の皆さま☆学割情報
    おかねのなるき (01/22)
  • 初詣♪
    お役立ち情報 (01/07)
  • 冬到来☆風邪なんかひきたくない、という方へ。
    夢のマニュアル (12/25)
  • 夏休みからスタート♪音大受験対策コース@池袋の音楽教室
    お役立ち情報 (08/15)
  • ボイストレーニング♪楽しくレッスン、しっかり上達♪/池袋・小竹向原音楽教室
    歌の上達法【完全歌唱】 (05/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM