東京都豊島区指揮教室 指揮法合同レッスン第2期のご報告

  • 2018.10.07 Sunday
  • 22:41

JUGEMテーマ:指揮者

 

 

昨年秋より始まった指揮法合同レッスン、生徒さんの熱意で第2期を開講する運びとなりました。

本講座は、教室指揮コースに在籍中の生徒さんを対象とした指揮合同レッスンです。

他受講者、聴講者の前でオーケストラ曲または吹奏楽曲のピアノ連弾版を指揮し、レッスンを受けるという形式、今期の課題は

某有名吹奏楽曲または、シューベルト「未完成交響曲」いずれかから希望、となりました。

参加生徒さんは現役の中学校、高校の先生、音楽大学指揮科受験生、大学生、サークルで指揮をされている方、、と様々です。

 

形式として第1期と変わったところは、会場のサイズを少し大きく取れたことで、指揮の受講者と聴講者とが向かい合わせになり、実際のオケや吹奏楽の配置をイメージして振ることができた、という点です。前回は聴講者は指揮をする生徒さんの横や後ろに座っていたので、今回は緊張が倍増した部分もあったと思いますが、より実際に近い状況で、と良い形にできたのではと思います。

 

 

今期も宮川先生の「どこからこんな発想が?!」という魔法のフレーズのオンパレードで、生徒さんも曲自体の、指揮の動きの、音楽の動かし方のイメージを膨らませ、受講者、聴講者、ピアノ連弾で伴奏する私たち全員にとって、大変勉強になる充実した機会となりました。

 

 

東京指揮レッスン

 

 

8月、9月とすでに第2期も2回終了しておりますが、まずは8月の第2期-第1回目のご報告。

以下、ご担当いただきました宮川健太郎先生からのレッスン録を記載いたしますkamule

 

 

 

【第二期】指揮合同レッスン第一回を終えて 指揮講師 宮川 健太郎

 

昨年、受講生、聴講生、ピアノ講師2名、そして私から成る「指揮合同レッスン」計4回を終え、生徒の皆様にアンケートを取りましたところ、幸いにも継続してほしい旨のご要望が複数寄せられ、中には、具体的なジャンルをご希望された方もいらっしゃったため、それらを受けまして、先月末に【第二期】と銘打って、第一回の指揮合同レッスンを開催いたしました。
当日は台風が関東に上陸し、開催を懸念いたしましたが、生徒の皆さま、先生方は無事集ってくださり、結果、滞りなく開催できましたことにつきまして、まず、この場をお借りして前述の皆様方に深謝したいと存じます。

 

今回は吹奏楽曲とオーケストラ曲の「2曲揃え」とし、生徒の皆様に選択していただくというかたちを採りました。また、それに伴いまして、ピアノの先生方は3名体制で臨んでいただく、ということになりました。ありがたく思っております。

 

昨年と変わらず入念に楽譜を読み込んできてくれた方、ご自身の「殻」を破ろうと努力されていた方、シンプルながら鋭い楽譜上のご指摘をされた方、気づかされることが多かったと述懐していらした方など、今回も様々な「色」がありました。

また、教室のご配慮により、大きなスタジオをお借りすることができ、それが故に、椅子を吹奏楽用、オーケストラ用に並び替え、「実際の奏者を想像して指揮する」ということができたのは大きかったです。

 

指揮は、演奏の現場において、自ら音を出さない、出せない唯一の存在です。
これは楽曲の練習・演奏において、楽譜に書かれてある自らのパートそのものの音を出して、自分自身で確認しながら練習・演奏できる声楽・器楽と決定的に違うことであり、そのため、指揮は、実際に目の前にいることになるであろう、合唱・吹奏楽・オーケストラの存在を「頭に描きながら」勉強しなければなりませんので、上述したことはとても大切なのです。
次回も大きなスタジオでレッスンができると訊いておりますので、大変ありがたいことだと思っております。

 

そして、こうした要素も適宜加味しつつ、これから秋まで合同レッスンを進めてまいりますが、生徒の皆様におかれましては〜私にも言えることですが〜何が自分に必要なのか、何を「やりがい」にするのか、何が目的なのか、等々を都度自問自答されながら、これからもすすんでいって頂きたいと願っています。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

指揮レッスン日誌♪吹奏楽コンクール/東京都指揮法レッスン

  • 2016.10.10 Monday
  • 22:09

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

 

東京 指揮レッスン

 

「うれしいこと」

 

指揮の生徒さんから先日嬉しい知らせをいただきました。

その生徒さん(仮名Aさん)が臨んだ吹奏楽コンクールで、大変良いところまで駒を進められた、ということでした。

それはAさんにとっても、そして私にとっても想定外の「飛躍」でした。

 

Aさんは、私がこちらの教室で教え始めて、ほどなくレッスンを受けにきた方ですが、中学校吹奏楽部の顧問になって、夏の吹奏楽コンクールを目指さなければいけないとのことでした。

Aさんは音楽の先生ですが、専攻が声楽、ということで、畑違いの吹奏楽部の顧問を受け持つことになり、「どうしましょう……」という按配でいらしたのです。


Aさんには基礎から教え始めましたが、コンクールの時期が近付いてきたところで、コンクールの曲についての実践的な指揮の仕方についても並行して教えました。
ここでいう「実践的」というのは、曲の特定の部分の、まだ教えていない指揮の技術に関することだけではなく、

「どういう練習方法ですすめたらよいか」
「生徒さんに対して、どういう言葉遣いで接したら良いか」

といった、指揮をして、音楽を創っていく上で欠かせない事柄も含まれます。

また、コンクールが近くなってくると、レッスンは、Aさんが練習の様子をタブレットに録画し、それを私に見せて、技術、雰囲気、言葉遣いなどについて、私からいろいろと訊く、というかたちをとっていきました。

 

指揮の場合は、「録音」よりも、実際に指揮をして動いている姿を撮る「録画」の方がとても大切で、私も自身の練習は適宜録画しています。

 

自分の指揮姿を見ることは、大概の人にとって、その人の欠点をあぶりだすことになるので、できれば「見たくないもの」なのですが、とても役に立つものです。

なによりも、映し出された自分の姿と真正面から向き合うことがとても大切なのです。

 

 

結果は、その中学校史上初の予選突破……これだけでも大金星なのですが、快進撃は続き、さらに本選突破→東関東大会、という按配で、Aさんも私も驚きを隠せませんでした。

中学校の生徒さんが予選突破の時号泣した……ということを訊いて、「ああ、良かったな」としみじみ思ったものです。

 

これで「来年は東関東大会突破→全国大会」という高い目標ができたわけです。

難しいハードルだとは思いますが、いずれにしても、新たな目標ができたのは良いこと。

これからも微力ながらお役にたてれば、と思っております。

 

 

 

指揮法コース:宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

 

 

 

傘東京都 指揮法レッスン
豊島区 練馬区 音楽教室

指揮法レッスン日誌 〜東京都指揮教室〜

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 23:45

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

指揮コースイメージ

 

 

傘指揮法コース、宮川 健太郎先生から、指揮のレッスンについての記事を掲載します。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

指揮法レッスン受講希望の生徒さんから多く言われることが、

 

「楽器や歌はいるのに指揮を教えてくれる先生がいない」

 

ということでした。

言われてみれば、確かに……と思うところがあります。
ですから、これまでに、首都圏外に在住の方が、わざわざ私のところまで来て下さったりしています。

 

傾向としては、「吹奏楽」「合唱」の指揮を習いたい、という方が多く、また学校の先生が多いのも特徴です。

 

指揮は、「一回ないしは数回」のレッスンですべてを身につけられるわけではありません。また「間隔を過度に空ける」ということもプラスにははたらきません。

その意味の限りにおいては、声楽や器楽と何ら変わりないのです。

ですから、いらした生徒さんには、無理のない程度で、しかし定期的・継続的にレッスンを受けられることをお奨めしています。

 

 

指揮のレッスンは、「指揮の先生がピアノで、課題ないしは生徒さんから持ち込まれた楽曲を弾き、それを生徒さんが指揮する」というのが標準形ですが、基礎から学んでいる方には、最初から上述のようなことはできないため、脱力・姿勢に代表される、指揮の基本的な運動を身につけていただくことから始めてもらっています。

地道な反復練習ですが、これを飛ばしてしまうと、結局そのことは後々まで、その人の「足かせ」となってしまうのですね。

 

 

また、教え方の特徴としては、「生徒さん自身に、ご自身の良かったところと悪かったところを考えてもらい、言ってもらう」ということでしょうか。

先生が答えを出すのは簡単ですが、生徒さん自身にも考えてほしいからです。

 

 

「指揮が上手くなりたい」という動機が生徒さんにあるのは勿論でしょうが、弾いて、ないしは歌ってくれる、そういった指揮の対象となる人たちと良い音楽をしてそれを分かち合いたい、というのが、それぞれの生徒さんの目的地なのだと思います。

そのために、指揮をする者としてのメンバーへの接し方や言葉遣い、現場でのポイントなども、尋ねられたら適宜お答えするようにしています。

 

 

因みに、将来的には、生徒さんが上達したら、教室で他の先生にもお願いして、ピアノ二台を使ってのオーケストラ曲のレッスンなどができれば、と思っております。

 

 

目下のところ、テクニック中心のレッスンであることは否定しません。

しかし、最終的には「感じ伝えるこころ」が大切なのだと私は思っています。

そしてそれを生徒さんも大切にしてくださることを私は望んでいます。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 

〜講師から〜

 

「学校の合唱祭で指揮をしなければいけなくなった」
「吹奏楽コンクールで指揮をするけれども、指揮指導をもっと上手になりたい」
「リコーダーアンサンブルの曲で振り方がわからない」
「音大指揮科を受験したいが、指揮の先生が探せない」
などなど、「ワンポイントレッスン」から本格的な「指揮の仕方」「楽譜の読み方(掘り下げ方)」まで幅広くお教えいたします。
また、ソルフェージュや和声も初心者から音大受験生までレッスンできます。
お気軽にお問い合わせください!!

 

 

 

 

 

教員の皆さま、吹奏楽指導の必要のある方、クラシック音楽を愛する方、基礎から学びたい方、受験生、宮川先生の指揮法レッスンをご希望の方、まずは体験レッスンへお越しください。


傘東京都豊島区/練馬区の音楽教室
豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 

 

指揮法コース、講師紹介♪ 〜東京都豊島区池袋の指揮教室〜

  • 2016.02.03 Wednesday
  • 23:46


宮川先生のレッスンは指揮法自体はもちろん、音楽全体に対する知識を拡げ、理解を深められる内容です。
春に向けて、お仕事や所属団体で指揮の必要がある方、音楽大学等の受験を考えている方、一度体験レッスンへお越しください。


 
宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 

〜講師から〜

 

「学校の合唱祭で指揮をしなければいけなくなった」
「吹奏楽コンクールで指揮をするけれども、指揮指導をもっと上手になりたい」
「リコーダーアンサンブルの曲で振り方がわからない」
「音大指揮科を受験したいが、指揮の先生が探せない」
などなど、「ワンポイントレッスン」から本格的な「指揮の仕方」「楽譜の読み方(掘り下げ方)」まで幅広くお教えいたします。
また、ソルフェージュや和声も初心者から音大受験生までレッスンできます。
お気軽にお問い合わせください!!


 



 
JUGEMテーマ:クラシック音楽

指揮法コース、講師紹介♪ 〜東京都豊島区池袋の指揮教室〜

  • 2016.01.30 Saturday
  • 11:56


宮川先生のレッスンは指揮法自体はもちろん、音楽全体に対する知識を拡げ、理解を深められる内容です。
春に向けて、お仕事や所属団体で指揮の必要がある方、音楽大学等の受験を考えている方、一度体験レッスンへお越しください。


 
宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 

〜講師から〜

 

「学校の合唱祭で指揮をしなければいけなくなった」
「吹奏楽コンクールで指揮をするけれども、指揮指導をもっと上手になりたい」
「リコーダーアンサンブルの曲で振り方がわからない」
「音大指揮科を受験したいが、指揮の先生が探せない」
などなど、「ワンポイントレッスン」から本格的な「指揮の仕方」「楽譜の読み方(掘り下げ方)」まで幅広くお教えいたします。
また、ソルフェージュや和声も初心者から音大受験生までレッスンできます。
お気軽にお問い合わせください!!


 



 
JUGEMテーマ:クラシック音楽

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

レインミュージックスクールご紹介


駅からスグ♪アクセス便利なスタジオで本格的な音楽レッスンを行なっています。
東京都豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の音楽教室【レインミュージックスクール】です。
ピアノ、声楽、ミュージカルヴォーカル、ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネット、フルート、サックス、オーボエ、トランペット、ホルン、指揮法、楽典/ソルフェージュ等。
お子さまから大人の方まで、また初心者からプロ志向の方、音高、音大受験対策まで。
指導経験豊富な講師が丁寧にレッスン致します。
<<お問い合わせは>>
URL:http://rain-music.com/
MAIL:info@rain-music.com

!!レミゼラブルオープンクラス参加者募集中!!

ミュージカルアンサンブルコース-レミゼラブルオープンクラス全2回参加者募集中。 詳細はコチラのページをご参照ください。
皆さまのご参加をお待ちしております♪
東京ミュージカルレッスン

発表会のお花・音楽好きの方への贈り物に♪

Facebookページ/Twitter

FacebookやTwitterで、割引情報やコースご紹介をお知らせしています。

レインミュージックスクール


Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • ミュージカルボーカルコース 生徒さんご紹介♪ 〜豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の声楽教室〜
    あれ欲しい (02/11)
  • クリスマス音楽会終了☆ 〜豊島区雑司が谷/池袋/目白/文京区 子ども ピアノ/バイオリン音楽教室〜
    幸福のゴールドサイン (01/19)
  • 東京都池袋のピアノ教室 作曲・編曲/アレンジ・コード奏法・弾き語りなど 先生ご紹介♪
    おかねのなるき (03/24)
  • 今日という日が・・  〜池袋 音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート オーボエ 楽典 ソルフェージュ)〜
    幸福のゴールドサイン (01/27)
  • 主婦の皆さま♪学生の皆さま♪シフト制のお仕事の皆さま♪にお得料金☆【デイタイムコース】 〜池袋音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート他)〜
    知恵ノート (03/10)
  • 【池袋音楽教室 割引情報♪】吹奏楽部(サークル)で管楽器(クラリネット/フルート/オーボエ)を担当されている中学・高校・専門学生・大学生の皆さん♪音高・音大受験生などすべての学生の皆さま☆学割情報
    おかねのなるき (01/22)
  • 初詣♪
    お役立ち情報 (01/07)
  • 冬到来☆風邪なんかひきたくない、という方へ。
    夢のマニュアル (12/25)
  • 夏休みからスタート♪音大受験対策コース@池袋の音楽教室
    お役立ち情報 (08/15)
  • ボイストレーニング♪楽しくレッスン、しっかり上達♪/池袋・小竹向原音楽教室
    歌の上達法【完全歌唱】 (05/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM