東京都豊島区音楽教室 第2回指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.09.02 Saturday
  • 21:54

JUGEMテーマ:指揮者

 

4ヶ月連続指揮法合同レッスン、前回7月の第1回に続いて、8月に第2回が開講されました。

本レッスンは、指揮コースの生徒さんを対象とした合同レッスンで、ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、レッスンを受けるという形式です。7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

矢印前回の合同レッスンの様子はコチラから

今回は前回もご参加いただいた3名と、初参加の1名、計4名の方が参加されました。

2楽章は1楽章よりもさらに表現の個性が様々で、また難しそうでもありましたが、それぞれが創ってこられた音楽を指揮してもらい、そこへ宮川先生の楽しく丁寧な、またユーモア全開の(笑)レッスンが行われ、この日も有意義な時間となりましたkamule

 

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

指揮レッスン

指揮 教室

東京指揮レッスン

 


【第2回指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜

 

先月7月に引き続き、8月20日に第二回を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。

第二回の課題曲は、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第二楽章。

先月は第一楽章でしたから、順を追って、ということです。

前回、聴講された生徒さんから
「(人の指揮を)見るのはとても勉強になるけれども、でも、何時間も座って見ているのは……」
……すなわち、実際に指揮してみたくなった、受講してみたくなった、という意思表示があり、今回は結果、前回より受講生が増えたかたちでの開催となりました。

 

今回が、前回と大きく異なったところは、生徒さんが鋭い質問をいくつも投げかけてきたことです。

それは生徒さんの事前の勉強の結果、ということがいえますが、本質はすごくシンプル・素朴な質問の類ばかりだったので、私は「虚を突かれた」といった感じを受けました。

 

例えば
「なぜこの曲はアウフタクトで始まるのか、一拍目からではないのか」
「楔形の記号はアクセントではないのか」
「楽譜には遅くして、という指示はないけれども、ここは自分で遅くしてみたい。なぜそう思うだろうか?」

 

などといったことでした。

実は、私自身、十分に生徒さんを説得させられるだけの明確な根拠を持っているわけではないものもありましたので、ピアノの先生方や、他の生徒さんのご意見も訊きながら、いっしょに考えていくというかたちをとりました。

 

上記のような質問の一部は、ともすると素通りしてしまいそうなことです。
何の疑念もなく通過してしまいそうなものともいえます。
でも、曇っていない目を持つ生徒さんは、そういったことも素朴な疑問として問いかけてきてくれたので、よく言われる「教えることは学ぶこと」をつくづく実感した時でもありました。

 

また

「ピアノの先生となるべくアイコンタクトを取ろうと思った」

「とにかく楽しくやろうと思った」
という風に、予めご自身で事前に決めていたことを実行に移してくれた生徒さんもいました。いずれも指揮をするうえでとても大切なことです。ありがたいことだと思っています。

 

今後の課題としては左手の使い方でしょうか。
指揮をする人それぞれの感性や本能に依るところが大きい左手の使い方を教えることはとても難しいのです。

 

次回は第三楽章。また新たな展開になることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 



 

東京都豊島区音楽教室 第2回指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.09.02 Saturday
  • 21:52

JUGEMテーマ:指揮者

 

4ヶ月連続指揮法合同レッスン、前回7月の第1回に続いて、8月に第2回が開講されました。

本レッスンは、指揮コースの生徒さんを対象とした合同レッスンで、ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、レッスンを受けるという形式です。7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

矢印前回の合同レッスンの様子はコチラから

今回は前回もご参加いただいた3名と、初参加の1名、計4名の方が参加されました。

2楽章は1楽章よりもさらに表現の個性が様々で、また難しそうでもありましたが、それぞれが創ってこられた音楽を指揮してもらい、そこへ宮川先生の楽しく丁寧な、またユーモア全開の(笑)レッスンが行われ、この日も有意義な時間となりましたkamule

 

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

指揮レッスン

指揮 教室

東京指揮レッスン

 


【第2回指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜

 

先月7月に引き続き、8月20日に第二回を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。

第二回の課題曲は、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第二楽章。

先月は第一楽章でしたから、順を追って、ということです。

前回、聴講された生徒さんから
「(人の指揮を)見るのはとても勉強になるけれども、でも、何時間も座って見ているのは……」
……すなわち、実際に指揮してみたくなった、受講してみたくなった、という意思表示があり、今回は結果、前回より受講生が増えたかたちでの開催となりました。

 

今回が、前回と大きく異なったところは、生徒さんが鋭い質問をいくつも投げかけてきたことです。

それは生徒さんの事前の勉強の結果、ということがいえますが、本質はすごくシンプル・素朴な質問の類ばかりだったので、私は「虚を突かれた」といった感じを受けました。

 

例えば
「なぜこの曲はアウフタクトで始まるのか、一拍目からではないのか」
「楔形の記号はアクセントではないのか」
「楽譜には遅くして、という指示はないけれども、ここは自分で遅くしてみたい。なぜそう思うだろうか?」

 

などといったことでした。

実は、私自身、十分に生徒さんを説得させられるだけの明確な根拠を持っているわけではないものもありましたので、ピアノの先生方や、他の生徒さんのご意見も訊きながら、いっしょに考えていくというかたちをとりました。

 

上記のような質問の一部は、ともすると素通りしてしまいそうなことです。
何の疑念もなく通過してしまいそうなものともいえます。
でも、曇っていない目を持つ生徒さんは、そういったことも素朴な疑問として問いかけてきてくれたので、よく言われる「教えることは学ぶこと」をつくづく実感した時でもありました。

 

また

「ピアノの先生となるべくアイコンタクトを取ろうと思った」

「とにかく楽しくやろうと思った」
という風に、予めご自身で事前に決めていたことを実行に移してくれた生徒さんもいました。いずれも指揮をするうえでとても大切なことです。ありがたいことだと思っています。

 

今後の課題としては左手の使い方でしょうか。
指揮をする人それぞれの感性や本能に依るところが大きい左手の使い方を教えることはとても難しいのです。

 

次回は第三楽章。また新たな展開になることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 



 

東京都豊島区指揮法合同レッスンのご報告

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 22:37

JUGEMテーマ:指揮者

 

 

先日、教室指揮法コース宮川健太郎先生による、指揮法合同レッスンが行われました。

ピアノ連弾を生徒さんが指揮し、宮川先生がレッスンされ、他の生徒さんがそちらを聴講するという形式です。

 

教室の指揮法コースには、音大/芸大指揮科を目指す高校生から、学内外のサークルで指揮をする大学生、中高の吹奏楽部で指導をされている先生方、クラシック音楽及び指揮そのものに興味を持っていらっしゃる社会人の方、社会人アンサンブルを指揮されている方、、など、たくさんの方が様々な目的で受講されています。(学校で指揮をするという小学生の生徒さんが来ることも!)

年齢や性別、ご経験や目的など全く違うみなさんが一堂に会して、互いの指揮、先生からのご指導を観察された今回の合同レッスンは、受講者全員がとても勉強になる機会となりました。

今回ピアノ講師2名で担当させていただきましたが、私たちにとっても、生徒さん毎に全く異なる指揮で一つの課題曲を演奏し、それぞれに個性や魅力、課題を感じ、またそれに対する宮川先生のとても優しく、かつ、的確でユーモラスなご指導を聴くことができた楽しい時間でした。

指揮者は、音楽の理解や解釈はもちろんのことですが、自身の人間性や振る舞いがとても大切ですね。

指揮がわかると、音楽を、もっともっと身近に、深く楽しめる気がします。

 

本講座は7〜10月に1回ずつの全4回で、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1〜4楽章を課題としています。

次回は8月後半、第2楽章、4名の生徒さんが指揮をされます。次回も楽しみですキラほし

 

 

以下、当日のお写真とご担当いただいた宮川健太郎先生からのご報告です。

 

 

矢印当日の様子矢印

東京指揮レッスン

 

東京都指揮法レッスン

 

指揮レッスン

 

 

 

 

【指揮合同レッスンの実施】〜宮川健太郎〜


7月23日、初めて標記を開催できました。
ピアノを弾いてくださった二人の先生に、この場をお借りして、あらためて深謝申し上げる次第です。


こちらには昨年の2月あたりからお世話になっておりますが、指揮etc.を教え始めて以来、ずっと考えてきたことがありました。
それは、
「音大の指揮科で通常行われているようなレッスン形態が取れないものだろうか」

ということでした。

すなわち、「ピアノの先生2名+複数の生徒さんの受講と聴講、そして私」という「1対3」のレッスン形式です。

当初、これを実現するのは、音大ではありませんから、いろいろな意味で大変難しいと感じていました。

何よりも、

「ある程度の人数、生徒さんが増えること」と
「生徒さんの平均的レベルが、オーケストラ曲を指揮できるまでに至っていること」
という二つの条件が揃うことが大前提でした。

そしてそれには、やはりある程度の「年月」がどうしても必要だったのです。

 

初回の曲目は、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」にしました。
これは、私が約15年前、初めてオーケストラを指揮した時の曲でもありました。

大変よく勉強してきてくれた生徒さん、「一対一」のレッスンとは違い、複数の先生や生徒さんに囲まれながら指揮をして戸惑われたであろう生徒さん、通常のレッスンでは見られなかった思わぬ動作が出てしまった生徒さん、とそれぞれにありましたが、皆さんよく頑張って頂いたと思います。

 

ピアノの先生や生徒さんからいちばん多くきかれた感想は、
「指揮って(あるいは音楽)って、人によってこんなに変わる、違うものなのか」

というものでした。

因みに、指揮の場合は、「指揮を観察する」という行為が、上達する上でとても大事なことのように思います。

中には「見るだけで勉強になる」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

ですから、こうしたレッスン形式はやはり必要なのだと思っています。

 

無論、先生方や生徒さんのご都合がありますから、毎週実施というわけにはいきませんが、たとえ間隔が空いても、継続できれば、と思っています。
そして、ゆくゆくはピアノ以外の器楽の参加もお願いして、課題の楽曲を一緒に演奏していただくことを将来的な目標にしています。

 

オーケストラ曲、吹奏楽、合唱……振り方に微妙な差異はあります。しかし、「人を指揮する」という点において差異はありません。
指揮を通じて、世界を広げていっていただければ、と思っています。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)池袋教室

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 



 

指揮法レッスンにご興味のある方は傘

 

豊島区 練馬区 音楽教室

指揮レッスン日誌♪吹奏楽コンクール/東京都指揮法レッスン

  • 2016.10.10 Monday
  • 22:09

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

 

東京 指揮レッスン

 

「うれしいこと」

 

指揮の生徒さんから先日嬉しい知らせをいただきました。

その生徒さん(仮名Aさん)が臨んだ吹奏楽コンクールで、大変良いところまで駒を進められた、ということでした。

それはAさんにとっても、そして私にとっても想定外の「飛躍」でした。

 

Aさんは、私がこちらの教室で教え始めて、ほどなくレッスンを受けにきた方ですが、中学校吹奏楽部の顧問になって、夏の吹奏楽コンクールを目指さなければいけないとのことでした。

Aさんは音楽の先生ですが、専攻が声楽、ということで、畑違いの吹奏楽部の顧問を受け持つことになり、「どうしましょう……」という按配でいらしたのです。


Aさんには基礎から教え始めましたが、コンクールの時期が近付いてきたところで、コンクールの曲についての実践的な指揮の仕方についても並行して教えました。
ここでいう「実践的」というのは、曲の特定の部分の、まだ教えていない指揮の技術に関することだけではなく、

「どういう練習方法ですすめたらよいか」
「生徒さんに対して、どういう言葉遣いで接したら良いか」

といった、指揮をして、音楽を創っていく上で欠かせない事柄も含まれます。

また、コンクールが近くなってくると、レッスンは、Aさんが練習の様子をタブレットに録画し、それを私に見せて、技術、雰囲気、言葉遣いなどについて、私からいろいろと訊く、というかたちをとっていきました。

 

指揮の場合は、「録音」よりも、実際に指揮をして動いている姿を撮る「録画」の方がとても大切で、私も自身の練習は適宜録画しています。

 

自分の指揮姿を見ることは、大概の人にとって、その人の欠点をあぶりだすことになるので、できれば「見たくないもの」なのですが、とても役に立つものです。

なによりも、映し出された自分の姿と真正面から向き合うことがとても大切なのです。

 

 

結果は、その中学校史上初の予選突破……これだけでも大金星なのですが、快進撃は続き、さらに本選突破→東関東大会、という按配で、Aさんも私も驚きを隠せませんでした。

中学校の生徒さんが予選突破の時号泣した……ということを訊いて、「ああ、良かったな」としみじみ思ったものです。

 

これで「来年は東関東大会突破→全国大会」という高い目標ができたわけです。

難しいハードルだとは思いますが、いずれにしても、新たな目標ができたのは良いこと。

これからも微力ながらお役にたてれば、と思っております。

 

 

 

指揮法コース:宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

 

 

 

傘東京都 指揮法レッスン
豊島区 練馬区 音楽教室

指揮法レッスン日誌 〜東京都指揮教室〜

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 23:45

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

指揮コースイメージ

 

 

傘指揮法コース、宮川 健太郎先生から、指揮のレッスンについての記事を掲載します。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

指揮法レッスン受講希望の生徒さんから多く言われることが、

 

「楽器や歌はいるのに指揮を教えてくれる先生がいない」

 

ということでした。

言われてみれば、確かに……と思うところがあります。
ですから、これまでに、首都圏外に在住の方が、わざわざ私のところまで来て下さったりしています。

 

傾向としては、「吹奏楽」「合唱」の指揮を習いたい、という方が多く、また学校の先生が多いのも特徴です。

 

指揮は、「一回ないしは数回」のレッスンですべてを身につけられるわけではありません。また「間隔を過度に空ける」ということもプラスにははたらきません。

その意味の限りにおいては、声楽や器楽と何ら変わりないのです。

ですから、いらした生徒さんには、無理のない程度で、しかし定期的・継続的にレッスンを受けられることをお奨めしています。

 

 

指揮のレッスンは、「指揮の先生がピアノで、課題ないしは生徒さんから持ち込まれた楽曲を弾き、それを生徒さんが指揮する」というのが標準形ですが、基礎から学んでいる方には、最初から上述のようなことはできないため、脱力・姿勢に代表される、指揮の基本的な運動を身につけていただくことから始めてもらっています。

地道な反復練習ですが、これを飛ばしてしまうと、結局そのことは後々まで、その人の「足かせ」となってしまうのですね。

 

 

また、教え方の特徴としては、「生徒さん自身に、ご自身の良かったところと悪かったところを考えてもらい、言ってもらう」ということでしょうか。

先生が答えを出すのは簡単ですが、生徒さん自身にも考えてほしいからです。

 

 

「指揮が上手くなりたい」という動機が生徒さんにあるのは勿論でしょうが、弾いて、ないしは歌ってくれる、そういった指揮の対象となる人たちと良い音楽をしてそれを分かち合いたい、というのが、それぞれの生徒さんの目的地なのだと思います。

そのために、指揮をする者としてのメンバーへの接し方や言葉遣い、現場でのポイントなども、尋ねられたら適宜お答えするようにしています。

 

 

因みに、将来的には、生徒さんが上達したら、教室で他の先生にもお願いして、ピアノ二台を使ってのオーケストラ曲のレッスンなどができれば、と思っております。

 

 

目下のところ、テクニック中心のレッスンであることは否定しません。

しかし、最終的には「感じ伝えるこころ」が大切なのだと私は思っています。

そしてそれを生徒さんも大切にしてくださることを私は望んでいます。

 

 

 

 

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

宮川 健太郎(みやがわ けんたろう)

 

1996年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。会社勤務、東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、2014年東京音楽大学大学院指揮科修了。
2003年愛知県知立市、及び2012年石川県金沢市で開かれた指揮マスタークラスにて優秀指揮者に選出される。
これまでに指揮を小林 研一郎、広上 淳一、田代 俊文各氏に師事、尾高 忠明、井上 道義両氏に指導を受けた。
また、ピアノを山城 浩一氏、和声・対位法・ソルフェージュ・楽曲分析を糀場 富美子、荒尾 岳児各氏に師事した。
これまでに藝大フィルハーモニア、オーケストラ・アンサンブル金沢を指揮した他、首都圏各地のアマチュア・オーケストラ、吹奏楽団の指揮指導、音大受験生指導、コンクール審査員など活動は多岐にわたる。
2008年から2014年まで、慶應義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団正指揮者をつとめた。

 

〜講師から〜

 

「学校の合唱祭で指揮をしなければいけなくなった」
「吹奏楽コンクールで指揮をするけれども、指揮指導をもっと上手になりたい」
「リコーダーアンサンブルの曲で振り方がわからない」
「音大指揮科を受験したいが、指揮の先生が探せない」
などなど、「ワンポイントレッスン」から本格的な「指揮の仕方」「楽譜の読み方(掘り下げ方)」まで幅広くお教えいたします。
また、ソルフェージュや和声も初心者から音大受験生までレッスンできます。
お気軽にお問い合わせください!!

 

 

 

 

 

教員の皆さま、吹奏楽指導の必要のある方、クラシック音楽を愛する方、基礎から学びたい方、受験生、宮川先生の指揮法レッスンをご希望の方、まずは体験レッスンへお越しください。


傘東京都豊島区/練馬区の音楽教室
豊島区 練馬区 音楽教室

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

レインミュージックスクールご紹介


駅からスグ♪アクセス便利で通いやすい♪
東京都豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の音楽教室【レインミュージックスクール】です。
ピアノ、ボーカル、バイオリン、ビオラ、クラリネット、フルート、トランペット、オーボエ、ソルフェージュ等。
お子さまから大人の方まで、また初心者からプロ志向の方、音高、音大受験対策まで。
指導経験豊富な講師が丁寧にレッスン致します。
<<お問い合わせは>> URL:http://rain-music.com/
MAIL:info@rain-music.com
TEL:03-5946-6888

ミュージカルアンサンブルコース2017前期

ミュージカルアンサンブルコース2017年度前期の概要を掲載いたしました。 ご興味のある方は、コチラのページより概要をご参照ください。
皆さまのご参加をお待ちしております♪
東京ミュージカルレッスン

2017年度全体発表会出演者募集中

2017年度全体発表会出演者募集を開始しました。 概要は、会員ページよりご参照ください。
皆さまのご参加をお待ちしております♪
東京都音楽教室

発表会のお花・音楽好きの方への贈り物に♪

Facebookページ/Twitter

FacebookやTwitterで、割引情報やコースご紹介をお知らせしています。

レインミュージックスクール


Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • ミュージカルボーカルコース 生徒さんご紹介♪ 〜豊島区池袋/練馬区(板橋区)小竹向原の声楽教室〜
    あれ欲しい (02/11)
  • クリスマス音楽会終了☆ 〜豊島区雑司が谷/池袋/目白/文京区 子ども ピアノ/バイオリン音楽教室〜
    幸福のゴールドサイン (01/19)
  • 東京都池袋のピアノ教室 作曲・編曲/アレンジ・コード奏法・弾き語りなど 先生ご紹介♪
    おかねのなるき (03/24)
  • 今日という日が・・  〜池袋 音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート オーボエ 楽典 ソルフェージュ)〜
    幸福のゴールドサイン (01/27)
  • 主婦の皆さま♪学生の皆さま♪シフト制のお仕事の皆さま♪にお得料金☆【デイタイムコース】 〜池袋音楽教室(ピアノ 声楽 バイオリン ビオラ クラリネット フルート他)〜
    知恵ノート (03/10)
  • 【池袋音楽教室 割引情報♪】吹奏楽部(サークル)で管楽器(クラリネット/フルート/オーボエ)を担当されている中学・高校・専門学生・大学生の皆さん♪音高・音大受験生などすべての学生の皆さま☆学割情報
    おかねのなるき (01/22)
  • 初詣♪
    お役立ち情報 (01/07)
  • 冬到来☆風邪なんかひきたくない、という方へ。
    夢のマニュアル (12/25)
  • 夏休みからスタート♪音大受験対策コース@池袋の音楽教室
    お役立ち情報 (08/15)
  • ボイストレーニング♪楽しくレッスン、しっかり上達♪/池袋・小竹向原音楽教室
    歌の上達法【完全歌唱】 (05/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM